Ryzen 5 パソコン 製作開始! まずはマザーボードにCPUを取り付ける

CPUクーラー

通販で買った物も届き、一通り揃ったパーツを眺める。
いつでもこんな時が一番わくわくする。

パーツは揃った  PCケース Corsair Carbite 100R Silent

 

さて、始めるか。

マザーボードの箱を開ける。

マザーボード マザーボード

 

黒っぽい中に赤が映えるデザインはなかなか格好いい。(しばし、自己満足に浸る。・・・)

 

このマザーボードにまずはCPUを装着する。

今回のCPU、Ryzen 5 1600 を取り出してみる。

Ryzen 5 1600  Ryzen 5 1600  Ryzen 5 1600 FAN

CPUの巨大なサイコロみたいな箱を開けると薄く細長い箱に入ったCPU本体とCPUクーラーが現れる。CPU本体は艶消しのゴールドに「RYZEN」の文字が輝いている。思ったより大きい。CPUクーラーは今までのAMDの純正CPUクーラーとはデザインが一新されなかなか高級感がある感じ。

マザーボード01

マザーボードの外部入出力端子などがある部分の側にCPUソケットがある。目立つところにあるので間違えることはないだろう。

CPUソケット

CPUソケットの両サイドに黒い樹脂パーツがある。CPUクーラーのタイプによっては固定するのに使う場合があるが今回の純正クーラーはマザーボードに直接ネジ止めする形になるので使わない。ネジを外して取り外しCPUソケットの横(この写真では右サイド)にある細いレバーを起こす。

CPUソケット Ryzen 5 1600

CPUソケットの隅にある3角のマークとCPUの同じマークの位置を合わせ、

CPUソケットにCPUを載せ、レバーを下げる。

CPUソケット上のCPU 

 

次はCPUの上にCPUクーラーを乗せる。

CPUクーラー

CPUクーラーの基部にある4本のネジでマザーボードに固定していく。

この時4本のネジはCPUクーラーとCPUが密着するように均等に少しずつ締めていくと良いだろう。

CPUクーラー

CPUクーラーがぐらつき無く取り付けられたらCPUクーラーから出ているケーブルのコネクターをマザーボードのCPU FANと書かれているコネクターに差し込む。

 

これで、CPUの取り付けは完了。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください